気ままな小窓でsimutrans

simutransが主ですが、二次創作小説(マンガ家さんとアシスタントさんと)もあります。創作活動の活力源は、何気ない皆様の言葉そのものです。だから、コメント残してくれると嬉しいなって。

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

特急シナモンSS集(秦野地方)

秦野地方開発記番外編①の直通動画



付随企画

「直通寝台特急シナモン」
シナモン

車窓写真集

メイン記事はこちら!

※サイズ制限の関係上、画像はjpg形式になっています。
※ページサイズが大きくなっているため、表示に時間がかかる場合があります。ご了承下さい。


>> Read More

スポンサーサイト

| 秦野地方開発記 | 17:49 | comments:0 | trackbacks:4 | TOP↑

>> EDIT

秦野番外編① ~超長距離寝台特急Cinnamon~ ≪大内湖~秦野≫



 皆さん、ついに…ついにこの時が来ましたよ…!

 そうです、simutransにも、 直 通 列 車 が走ります!


 この先は制作の裏話的な何かが書かれています。あくまで私の主観に基づいた内容なので、(冗談の分かる方)∧(裏話に興味ある方)=私だぁ!←な方は、読んでみると良いかもです。あと、嫌がらせと思うくらい長いです。

シナモン号のスクリーンショットを集めたページもあるよ!

>> Read More

| 秦野地方開発記 | 18:47 | comments:0 | trackbacks:4 | TOP↑

>> EDIT

秦野第10話 ~Cha・Ban~





うん!たん!うん!たん!



 これさえあればどんなに下手な編集でも何とkうわなにすやめくぁwせdrftgyふじこlp

>> Read More

| 秦野地方開発記 | 02:13 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

>> EDIT

秦野第9話

 今回も長い尺でご迷惑をおかけしておりますm(_ _)m






~追記~
動画のOPに登場するアドオンを公開することにしました。まさか需要があるとは思わなかったぜ…
こちらからどうぞ

追記
 当アドオンを単体のみ導入すると、お米関係のアドオンが不足し、エラーになっていました。動画のコメントにてご指摘いただき、急ぎ修正(補充)したバージョンに差し替えましたので、2012/11/11 23:57以前にDLされ、NF_128をDLされていない方は、お手数ですが、再度DLお願いいたします。



 動画の内容のネタバレになるので、視聴済みか「ネタバレなんてあるわけない」という方は続きからどうぞ。


>> Read More

| 秦野地方開発記 | 12:29 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

>> EDIT

秦野第8話~夢の超特急~



 やっとこさっとこ新幹線ですよ。時代的に2016年とか、リニアな雰囲気すら漂う頃なんですけどね。でもまぁ秦野での時代設定っていうのは、速達ボーナス達成難度の時間経過引上げと、市道アドオンの変化の為に使ってるようなものなので、本筋的にはあまり意味が無いとも言えます。

①記事は新幹線に関わること
②アンケートについて
③その他

の構成になっています。

ですがその前にちょっとお話を。


アドオンの話

 で、今回のその新幹線なのですが、これに関してアドオンについて語らせてください。

 2ヶ月ほど前、ツイッター上でとむねこ氏がlength=10の64版新幹線アドオンを作るという話を聞きつけ、失礼且つ生意気にも、完成後128版にレタッチさせてもらえないかと打診させていただいたのです。アドオン職人なら、自分で1から描いてなんぼのもの。もちろん素材はよく使いますが。しかし、レタッチというのは、ほぼ「丸パクリ」作業です。渋い顔をされて当たり前です。
 がしかしなんと、私の身勝手な要求をとむねこ氏は快諾して下さり、すぐに64版を製作してくださいました!しかも500系を例に挙げれば、16両すべて別画像、現在山陽新幹線で「こだま」として走る8両の編成もあるという豪華使用、それが何種類もの新幹線で、です。

 もちろん、アドオン職人の皆さんは揃いも揃って(良い意味で)変態であり、日本のアドオンが海外のユーザーからも絶大な人気を誇るのはそれ故です。その一員である氏が作ったアドオンを、劣化させる訳には当然いかないので、私も持てる僅かな実力を注ぎ込んでレタッチさせていただきました。

 それが、動画に登場する500系です。

 無論、使っている全ての、あらゆるアドオンに、作者達の情熱と技術が詰め込まれています。それこそがフリーソフトながらフリーソフトの閾を遥かに逸すると言われる、simutransの最大の魅力であり原動力だと思います。
 一度アドオンを作ったことのある人ならば、それは言わずと知れたことではありますが。


 長々と失礼しました。では、動画内容についての記事は続きからどうぞ。

>> Read More

| 秦野地方開発記 | 19:54 | comments:4 | trackbacks:4 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。