気ままな小窓でsimutrans

simutransが主ですが、二次創作小説(マンガ家さんとアシスタントさんと)もあります。創作活動の活力源は、何気ない皆様の言葉そのものです。だから、コメント残してくれると嬉しいなって。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

simutransのメニュー弄って線路ツールをなんとかしてみた(simutrans 101.0以降)

 動画で建設シーンをキャプチャするときだけでなく、普段の開発時にも何かと作業のネックとなるのがツールバー、特に線路ツールバーです。

icons.png 私が秦野の1980年頃に使っていた線路ツールバーの「一部」です。あれこれアドオンを追加していくと、いつの間にかこんな状態なんてこと、稀に良くありますよね。

 秦野では年代設定をONにしているので、年数を経る毎にアイコンは増加する傾向にあります。でも、今あるアドオンを削りたくはない…。第一、開発中のマップに既に存在しているアドオンを削ること自体、言語道断です。


 では、今回はそんなお悩みを37%くらい解消(当社比)する方法を書いていきます。


 ズバリメニューの改変です。上級者の方ならもうピンと来ていらっしゃるでしょう。というか既に実行されているかもしれません。それが自分に該当しそうな方は、既知の情報になります。スミマセン…。




 さて、まずはメニューの弄り方ですが、最初に公式日本語wikiの該当項に目を通しておくことをオススメします。ある程度分かっていると、自分流のアレンジもかなり利きます。

 何より重要なのは、設定ファイルを弄るときは、バックアップをすること。特に今回はsimutransの操作の中枢部分に近い設定なので、失敗した後に開発が続行不可能になるなんて事態も起こり得ます。
 必ずバックアップをしておきましょう!





!追記!
今回の検証では、メインのメニューバー(上に常に表示)には追加できませんでした。あしからず。




やり方は以下のとおり
①メニューアドオンの準備
②menuconf.tabを開く
③項目を追加、調整する
④動作確認をする


※今回も環境はsimutrans111.3.1(pak128 2.1.0)です。他のバージョンやサイズでも、基本は変わりません。




①メニューアドオンの準備

 メニューにデフォルトで表示されているツールのアイコンは、その多くがシステムの内部に設定されています。しかし、タイトルのとおり、ver.101.0以降だと、自分でアイコンを追加することが可能です。今回はアドオンを既に用意してありますので、こちらからダウンロードすることもできます。
 作るのは至って簡単で、アドオン製作の練習にもなりますので、付属のソースからアレンジしてみるのもいいかも。

 用意したメニューアイコンの名前は「OnlyRailwayToolIcon」です。どこかにメモっておきましょう。

 アドオンが用意できたら、ご利用のpakフォルダ(例:pak128)に華麗に投げ込んでおきます。
 ついでに、ダウンロードした方はtextフォルダの中のonly_railwaytools.txtを、simutrans本体のtextフォルダにブッ込んでおきましょう。






②menuconf.tabを開く

 wikiでも注意書きがありますが、基本的にsimutransの設定ファイルをwindows付属のメモ帳で編集するのはオススメしません。改行コードなどが違うので、エラーの元になり兼ねないからです。必ず改行コードLF対応の編集ツールで作業してください。
 私は今回、TeraPadというツールを使っています。

menuconf_start.png

 開いたら、"# railtools"と書かれている項目を探しましょう(下の方です)。その中の
>ways(2,0)
>ways(2,1)
>bridges(2)
>tunnels(2)
>wayobjs(2)
>general_tool[17]
>general_tool[14]
>general_tool[18]
が、今回独立させる項目です。

 更に、架線撤去ツールも追加しておきたいです。これに関しては128な人さんが記事にしていらっしゃるので、そちらを参考に追加してください。

架線を引こうと思って高規格なものを間違って使ってしまってorzとなったことのある人は山のようにいるでしょう。架線のみ撤去するツールがちゃんと用意されているのですが、残念なことにキー割り当てなどがされてい合いので使えません。そこで使えるようにする方法を紹介します。折角あるのにもったいない!...
架線撤去ツールを使えるようにする方法





③項目を編集、追加する

 これが今回の肝です。最初に、独立させる先の受け皿となるツールバーを用意します。

引越し

 連番で最後に追加するように"toolbar[12]"を、受け皿とします。

menuconf_continued.png そして、で囲っていた"# rail tools"内の該当部分を消去します。これでお引越しは完了です。ここでの注意点は、記述の順番です。画像のとおりに
>toolbar[12][0]=ways(2,0)
>toolbar[12][1]=ways(2,1)
>toolbar[12][2]=bridges(2)
>toolbar[12][3]=tunnels(2)
>toolbar[12][4]=wayobjs(2)
>toolbar[12][5]=general_tool[33],16,,2
>toolbar[12][6]=general_tool[17],16,,2
>toolbar[12][7]=general_tool[14],,t,2
>toolbar[12][8]=general_tool[18],,e,2
の順に記述することです。



住所登録

menuconf_finished.png 先程、"toolbar[12]"に引っ越したので、その"toolbar[12]"を元のメニューに一つのアイコンとして登録します。

記述は
toolbar[2][0]=toolbar[12],OnlyRailwayToolIcon,,ONLYRAILTOOLS,only_railwaytools.txt
内訳:
"OnlyRailwayToolIcon"は、最初に投げ込んだメニューアドオンの名前です。
",,"カンマの間にはショートカットキーを登録できます。
"ONLYRAILTOOLS"は、タイトルです。これは後でja.tabにて日本語に直します。
"only_railwaytools.txt"は、対応するヘルプファイルです。最初にブッ込んだのがこれです。(デフォのをコピペしただけですが…)こちらは普通にメモ帳で作成して大丈夫です。

 toolbar[2]の以降のナンバリングも忘れずに[1]…[2]…[3]…と変更してください。


④動作確認をする

 最後にきちんと狙ったとおりの状態になっているか確認します。以上の記述の結果が↓です。
menu_on_menu.png
 上手くいかなかったら③④を繰り返します。
 最後にja.tabを開いて

ONLYRAILTOOLS
線路のみメニュー

などとお好みの日本語訳を書いて完了です!

 画像にもありますが、私は以前からメニューを弄って、
・町の誘致
・保存
・市内建築物
・特殊建築物
・産業
をメインメニューから行える=どのプレイヤーでも行える状態にしてあります。なんというチート(


 慣れてきたら色々試してみましょう。但し自己責任で。
スポンサーサイト

| それ以外 | 23:41 | comments:0 | trackbacks:2 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://amatibasson.blog.fc2.com/tb.php/102-2dca2c38

TRACKBACK

gucci 財布

simutransのメニュー弄って線路ツールをなんとかしてみた(simutrans 101.0以降) 気ままな小窓でsimutrans

| gucci 財布 | 2013/10/25 18:11 |

クロムハーツ 通販

私はだ そうこれを読むことが幸せ。与えられる必要が手動ではなくランダム |他のブログでのです誤報|これはの種類の一種です。 DOC |あなたの共有この最大最良を感謝しています。

| クロムハーツ 通販 | 2013/10/24 15:49 |

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。