気ままな小窓でsimutrans

simutransが主ですが、二次創作小説(マンガ家さんとアシスタントさんと)もあります。創作活動の活力源は、何気ない皆様の言葉そのものです。だから、コメント残してくれると嬉しいなって。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

simutransでオリジナルのマップを作る方法


例:ベーリング海峡
Test_Bering.png
今回の目標はコレ↑を作ることです。




 日本語wiki海外ページにあるマップではなく、自分で作る方法を一つご紹介します。



手順

①(実在の地形を元にする場合)地図の用意
②画像編集
③テスト!
④完成







①(実在の地形を元にする場合)地図の用意


 「地図」と一口に言っても色々あります。身近なものだと町内会地図やハザードマップ。用途別の路線図や海図も地図です。ですが、今回のsimutrans用マップの素材となる地図は、ある特定の種類の地図が必要です。
 それはズバリ、等高線地図。simutransのマップデータに、地名や森林の割合などの情報は邪魔になります。これら標高以外の不要な情報が入っていない地図データを、ソースにしたいものです。

 では、どこでそれを手に入れるのか。

 まず思いつくのが「国土地理院」でしょうか。あそこのHPには、色々な種類の地図のデータがあり、詳細な標高データも揃っています。しかし、いくつかの問題点もあります。
 一つ、やたらサイズがデカい。
 一つ、場合によっては面倒な手続きが…
 一つ、海外のデータはあまり期待できない。
 一つ、自由な位置で画像を切り取ることが困難。
 一つ、個人的にぶっちゃけ面倒(ぇ
 うん、凄く便利なデータであることは間違いないんだ。だけど、純粋に地形図(標高データ)が欲しいだけなので、ちょっと過剰なデータなんだ。国土地理院さんスミマセン、今回はパスです。

 前置きが長かったですね。使うのは、「Fland-Ale」というフリーソフトです。オンライン簡易地図ソフトらしいですが、その機能には眼を見張るものがあります。ま、詳しくは自分の目で見てみるといいと思います。


FLand_02.png ホームページから説明どおりにインストールし起動すると、右図のような画面が開きます。
 これだけで小一時間遊べます(勉强用途のはずだけど)が、上のバーの「地図」から
・地図パレット選択→濃
・地名パレット選択→表示なし
・地図精度→Hi(最高設定)
を選択。あとはお好みの図法、縮尺、方位で、好きな地形を表示します。

例えばこんなん(地名消してないけど)↓
FLand_01.pngFLand_03.png

 気に入った場所を表示させたら、「ファイル」から「地図画像保存」を選択し、任意の場所に保存します。
 この時、切り取りたい範囲の左側か下側を少し余分に確保しましょう。理由は後ほど説明します。
※この時、既に.bmp(ビットマップ形式)で保存されています。simutrans本体が101.0以降のバージョンなら、マップ用画像データとしてbmpが使用できます。それ以前のバージョンだと、ppmという形式のみですが、説明は割愛します。

 ここで、FLand-Aleの出番は終了です。お疲れ様でした(









画像編集

 先ほど保存した画像を、開いてみましょう。
Bering.png
(サンプルとしてベーリング海峡周辺を選びました。サイズの関係上、bmpではなくpngで表示してあります。)
 これを、画像編集ソフトで、simutransマップ用に加工します。

 simutransマップの標高は、明度に依存します。標高と明度の対応表は、日本語wikiをご参照下さい。

 なお、パレットファイル(.plt)が使えるソフト(私が使っているのはPictBearです。)用に、モノトーンの標高に対応したパレットを作ったので、宜しければご活用下さい。

 

で、モノトーンに置き換える前に重要な注意点!


 お気づきかと思いますが、左下にスケール表示が入ってしまっています。先ほど「左側か下側を余分に確保」と言ったのは、これです。マップは長方形である必要があるので、このスケール表示が入らないように、画像を裁断します。
Bering_1600_800.png
 裁断したのがコチラ→


 ちょうど1600×800になるようにしました。

 あとは、対応表に従って、各標高の色を置き換えていくだけです。
※PictBearの「色域指定選択」のように、特定の色だけを選択状態にできる設定があると便利ですね。


 完成したのがコチラ


Bering_1600_800(mono).png



 見た目はぼやけているようにも見えますが、果たして…







テスト!

Bering_OK.png
 できてたー!!成功!!

 いかがでしたでしょうか?このやり方には、

・海底の地形が再現されない

という重大な欠点があります。
 私はあまり気にしないのですが、こだわりたい方は、海底地形も表示されるソフトを探して下さい(無責任)。

完成

 最後に、今回サンプルとして作ったマップを公開させて頂きます。
ダウンロードする
スポンサーサイト

| それ以外 | 01:23 | comments:2 | trackbacks:4 | TOP↑

COMMENT

記事を参考にして、再現マップを簡単に作ることができました! ありがとうございます。

もうご存知かもしれませんが、FLand-Aleのメニューバーの「地図」→「地図パレット選択」→「パレット設定」から、距離尺を消すことができます。
また、同じウィンドウの「0m-」、「100m-」、… の色をクリックして変更すれば、後で色を置き換える手間が省けます。
なお、そのまま「OK」をクリックすると、現在のパレットに上書き保存されてしまいます。私は「追加」を選んで新しいパレットを作成するようにしています。

| | 2013/01/27 12:53 | URL |

Re: いや~、お恥ずかしい

私もまだまだ使いこなせてなかったみたいです。
距離尺については完全に知りませんでした。いやホント、赤面してます(汗)記事を訂正させていただきました。
ご指摘ありがとうございます!

言い訳みたいですが(…ていうか言い訳ですけど)、パレットの色を変更できることは存じていました。その下の距離尺項目に気付かない私はどうかしてますが。
これは、地図範囲を探索する際に、デフォルトの方が見やすいという点があります。が、その場でパレット変えれば良いだけの話ですね。スミマセン…。

私の環境だと、新しいパレットを作ろうとしたり、距離尺のチェックを外すとエラーが出てしまうので、検証は出来ていません…以前のノートPCの時は変更できた気がしますが、OSの仕様の違いでしょうか(デスクトップ移行時にXPから7に変更)。
解決次第、きちんと訂正します。

| まか | 2013/01/27 15:16 | URL |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://amatibasson.blog.fc2.com/tb.php/111-1dd034db

TRACKBACK

シャネル 財布 2013 新作 公式

うわー。このはできる 我々はしましたブログ今までこの主題で全体で到着します。最も の特定の一基本 優秀な 。 私はよも専門医このトピックのしたがってそう、私はあなたのハードワーク労力を理解することができます。

| シャネル 財布 2013 新作 公式 | 2013/11/20 12:09 |

ugg 激安

素晴らしいとてつもない 問題ここ。 私¡ 非常に嬉しい ピアにをあなたの記事 。 たくさん | 感謝をあなたに感謝と私は 見てみるあなた| | 接点に触れために先に転送する 。あなたは親切う私を落とすメール?

| ugg 激安 | 2013/11/11 14:56 |

ugg 激安

I されていないのためにここでチェックしばらく 以降私はそれが退屈になっていたと思ったが、最後のいくつか 偉大な良い投稿です品質私が推測するように私はします ​​| bloglist私日常日常に戻り追加。友人:) |あなたは私のをそれに値する

| ugg 激安 | 2013/10/31 19:56 |

グッチ アウトレット

simutransでオリジナルのマップを作る方法 気ままな小窓でsimutrans

| グッチ アウトレット | 2013/10/25 18:11 |

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。