気ままな小窓でsimutrans

simutransが主ですが、二次創作小説(マンガ家さんとアシスタントさんと)もあります。創作活動の活力源は、何気ない皆様の言葉そのものです。だから、コメント残してくれると嬉しいなって。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ちょっと大阪行ってきました。(1日目)

 どうも、最近3か月くらい更新をサボってたまかです。だっていそがしいんだもん!
 今回はsimutransに関係あるようで無い話です。

DCIM0197.jpg


 5月ごろ北海道に(成り行きで急きょ)旅に出た私ですが、今回は関西方面に行ってきました。旅程はちょうど48時間。何故かオンシーズンより多忙な夏休みの僅かな2連休で行いました!
 目的は、某著名なsimutrans車両アドオン職人との邂逅だった訳ですが、なんというか、濃かった。
ちなみに、今回のシムトラ成分はこの方の存在のみです。


さて、今回の旅の予定ですが、このようになっていました(過去形に注意)
日にち時間場所手段or目的その他
1806:30JR橋本駅旅の始まりバイト夜勤明け(6時)で
最寄駅からそのままGo
約10時間青春18きっぷによる、東海道五十三次(違お尻が痛くなる危険性アリ
16:30JR大阪駅ちょっと駅周辺をぶらりできれば夕飯も食べたい
19:00JR三宮駅山陽本線ktkrオサレな阪神地帯に期待
21:00ホテル駅から徒歩5分(地理的に)旅の終着地
1907:00駅まで徒歩5分ここからが本番です
09:00大阪府内某氏との待ち合わせF-14な人です(
約12時間未定某氏とはしゃぐオフ会!!
22:00大阪駅BT青春中央エコドリーム14号行きも帰りも「青春」とは…
2006:00日野バス停


 みっちりでむっちりでてっちりなスケジュールですが、果たして私はこれをこなせたのでしょうか?


1日目

~青春18きっぷ~


(関東在住の)鉄道好きとして、一度は果たしておきたい巡礼、それは
「東海道線乗り潰し by青春18きっぷ」


 私はあろうことか、東海道線乗り潰しはおろか、青春18きっぷすら使ったことの無い似非の中の似非鉄だったのです( なので、せっかく空いた大阪までの1日をその巡礼に充てようじゃないかと。当たり前に考え付いたのです。


休めぬ、身体


 私、実はコンビニのアルバイトをしてるんですが、その夜勤がですね、当日の朝6時まで詰まっていた訳ですよ。何が言いたいか分かりますよね。そう、休息の間が無いんです。しかも加えて連日夜勤、前日は夜勤明けに車の教習、午後は夜まで大学の部活と、生命の危険すらある日々を送っていたのです。(ちなみに8月中の全休日は3日(土)のみ) そんな状態で乗り潰しなんて行けるのか?
 「行けるのか?」ではない、「行く!」のだ。と、スポコン漫画並なムリヤリ論理で身体を従わせて、壮絶な眠気を背負って18日午前6時、私はバイト先のコンビニを後にしました。


相模の価値は


 無事に橋本駅(神奈川県)に到着した私は、15分ほど待った後、相変わらず4両編成の弩ローカル相模線に乗り込みました。

CIMG1710.jpg
↑眠くて仕方なくてカメラの設定とか考えずに撮影した結果

 乗車完了。既に駅前のコンビニ(バイト先のライバル?店)で飴は仕入れてある!ついでにこの記事の編集中もその飴を舐めている!もう恐れるものは無い!いざ、
寝よう。

 だって、眠かったんだもん。かれこれ40時間くらい寝ずに活動してたら、そりゃ誰だって眠くなりますよ。仕方なかったんだよ。誰にも私のこと責められないよ。と、いう感じで、関東有数の超弩級ローカル線は、私の瞼の向こうに一瞬のうちに流れていったのでした。



龍飛、侵入


CIMG1714.jpg
 国府津にて特急(踊り子)の通過待ちの間、この313を撮影し、E231の車内に戻った1分後、事件は起きた。
 鈍い黒に大きな4枚羽根、圧倒的な視野を持つ複眼に、強い警戒色の黄色を纏った制空の覇者。別名"Dragon Fly"。
 そう、オニヤンマが、体長16センチくらい(目視)のオニヤンマが入ってきたのです!開け放たれた扉の中央を超高速で突破し、反対側の扉に激突。私の傍を3回くらい旋回飛行してから、周囲の座席に座る人間達の上空を猛然と飛び、発車の案内が終わって扉が閉まり始め、誰もが「こいつと運命を共にするのだ(鴨宮まで)」と覚悟を決めたその時、彼の昆虫は狭まる隙間をすり抜けて、国府津の空に帰って行ったのでした。
 めでたしめでたし。えっ?写真?驚いてるばかりですっかり忘れてたよ?


↓小田原を過ぎて相模湾を望む区間で撮影した写真たち
CIMG1716.jpgCIMG1717.jpgDCIM0105.jpg





島田に至る車内、そして


 さて、私を関東から連れ出してくれたE231とも熱海でお別れ。次に乗る車両は、JR東日本の物ではありません。JR遠海東海の313+211です!(さっき国府津で撮った御殿場線も東海ですが)
 という訳で313はさっき載せたので省略( 熱海駅で大枚はたいて買った小鯵弁当をや
CIMG1718.jpg
 1000円近く払った甲斐はありましたよ。いや旨いのなんのって美味いのよ。うん本当、丹那トンネルを100km/h以上の速さで駆け抜ける車内で耳がおかしくなっているのも忘れるくらいのお味でした。あ~美味しかった~!

 しかし、弁当を食べ終え、三島を過ぎ、富士川を越える頃から徐々に思うこと。
「あれ?なんか凄く暇なんじゃないか私?」
 そう、静岡県は東西にもの凄く長い。新潟県並に長い(感じ方には個人差があります)。ので、だんだんと精神に異常が見られるようになってきて…。
CIMG1723.jpg
↑何故かどこにでもあるサッポロビールの工場の看板を激写
CIMG1725.jpg
↑謎の看板症候群
CIMG1726.jpg
↑終いには車内の「節電中」シールすら撮りだす始末


DCIM0114.jpg 明らかに平常心でなくなってきたころ、電車は焼津に到着、乗換駅の島田が近いことを知り、私はここに来てやっと自分を取り戻し始めることができました。
 では何故、ここまで私の心は疲弊したのか。それはJR東海の「新幹線への固執」に原因があるのです。彼らは東海道新幹線という、とてつもなく大きな強みを持っているが故に、その特別性を維持したいがために、並行する在来線に快速種別を殆ど流さず、速達化を制限し、あまつさえ静岡県を「車両基地を置いておく広い場所」として、日本で最多の新幹線駅を置くにもかかわらず「のぞみ」は全通過。その結果、静岡県内の東海道線の歩みは遅々として進まず、私の精神崩壊に繋がったのです。(※なお、この記述には筆者の強い偏見と都合の良い解釈と寝不足だった自分を棚に上げる見上げた精神が含まれております。)




心の洗濯を


 島田駅で豊橋行きに乗り換え、私は先頭車両に陣取った。…までは良かったが、実は東海道線に入ってから、熱海~三島間でしか、座っていなかった(家族連れやご老人が多かったので)私は、そろそろ限界が近かった。何の限界か。身体ではない。(身体の方はとうに限界など超えているので大丈夫)そう、心である。先に述べたとおり、この長い単調な風景の続いた島田までの旅路が、その単調な風景に意識を移しておくしかない立った状態が、私の心を荒ませたのです。(※感じ方には個人差があります。)
 大井川の橋梁を渡り、金谷駅を出発すると、周りの風景はいつしか今までとは違うものになっていました。
CIMG1733.jpg
 イエス!茶畑段々畑!
 これぞ静岡!私はこれが見たかった。お茶は鹿児島?いいや断然静岡でしょ!(戸棚にある日本茶の産地は鹿児島)もこもこした茶の木の列が美しい… 
DCIM0123.jpgCIMG1751.jpg そして、すぐ脇を駆け抜ける新幹線の白亜の車体と群青のライン。直線を走るこちらも時速は時折110km/hを越える。流れる緑の小丘を抜けると、いつしか電車は広い水辺の上へ。湖とも海ともつかない長い橋を渡る間、新幹線では1分と味わえないこの感動を5分近く楽しめる在来線の味わい深さを改めて実感することができました。


感動の余韻に浸っていると、車内放送は終点に到着すると告げていました。



名鉄、登場


 電車が豊橋駅に入線すると、私は人生で初めて、愛知の地面を踏みしめることに成功しました。来たぞ名古屋県(違
 DCIM0128.jpg
 右手前に止まるは、次に乗る新快速大垣行き。そして、左奥に止まるは「名鉄パノラマカー」!やっぱり名鉄の活動範囲って広いんだねー(こなみ)
 そして、「新快速」という種別に感動してカメラを構えて、撮影した瞬間に、英語に切り替わる電光掲示板orz
DCIM0129.jpg
 313の新快速のボックスシート(←重要)の西窓側に座り、いくつもの駅を華麗に通過する様を、某大佐の如く睥睨してました。
↓赤い電車を見ると興奮してしまう関東の鉄
DCIM0135.jpg

CIMG1767.jpg
↑↓三川塩津駅前後の風景
DCIM0136.jpg



せめて、(関東の)人間らしく


 新快速がこともなげに1時間足らずで愛知県を縦貫走破し、岐阜県の大垣駅に到着。そこで私が目にしたものとは…!?
DCIM0141.jpg
 エスカレーターの両側に立つ人々そして「なおみ皮フ科」の存在感
 これはなんだ!?私にどうしろと言うんだ!?と、関東の誇り(?)にかけて、右手で手すりを握り、両足を段の右側へ。勝った!私は勝ったんだ!
 後ろから何やら急いで降りてくる人。どうやら、先発の特急しらさぎに乗車する方のよう。快く空いている左側に体を寄せて、通路を空けた。そしてそのままエスカレーターの左側に安定するわが両足。そうだ。エスカレーターは左側こそジャスティスなのだ!(エスカレーターは構造上、中央に静止した状態で立って乗るのが一番です。)



最後のシ社


DCIM0143.jpg大垣から米原までは各駅停車しかないので、静岡の悪夢を僅かに思い出しながらも、私は本日3度目となる313系への乗車を果たしました。戦国の世の東西の分かれ目「関ヶ原」も、今や雑多な駅の一つ。周りの山々の写真を幾つか撮影しながら、ボックスシートの背もたれの裏側に持たれて立っていると、目の前の親子(母娘)の会話が聞こえてきました。
「ねえなんで普通なんかに乗ってるの?」
「これが一番早く着くからよ」
「疲れた~!なんで新幹線じゃないの?」
「こっちの方が沢山景色見れて良いじゃない」
「別にそんなの良いよ!」
 どうやらこの親子も、区間こそ短いものの、新幹線ではなく在来線での旅をしている様子。しかしながら、娘さんの方は少々お疲れのよう。まぁ周りがひたすら山、山、山の、この山間部は、精神的にくるものがるのでしょう(午前中に実感済み)DCIM0144.jpg
 が、1時間もすれば電車は米原駅へ。右手には、JR西日本の主力通勤電車223系が泊まっていたり。
 娘さんのご意見もごもっともですが、旅の醍醐味はその旅情にあり。そして私は、この昼間の苦闘()によって答えを得ました。

「単調な風景に疲れるなら、新幹線で行けば良いじゃない。」

 …ゲフン。ここから先は非常に速かったことを覚えています。
DCIM0147.jpg まず、意気揚々と初223系乗車。播州赤穂行きですってよ奥さん!滋賀県北東部から兵庫県南部まで行っちゃうんですよ!
 そんなことを言ってる間に発車。ここから日本一長い複々線区間です。223も本気の走りで西へ向かいます。
DCIM0151.jpg
 「琵琶湖見えないかなー」なんて呑気に構えていたら、一瞬で琵琶湖大橋を通過(撮影できなかったっす)そのまま大津駅へ。滋賀県の県庁所在地ですが、実はその隣は京都市。県庁所在地同士が隣接している所なんて、ここぐらいでしょう。
DCIM0159.jpg 山科駅に停車した後、すぐに京都駅へ。修学旅行で2度も行ってますが、やっぱりでかいですね~。ファインダーに収まる気配がありませんでした。京都タワーも撮りましたが、そんなに高くないので、手間の民家の屋根のアンテナと見分けがつきませんでした(全京都府民に謝れ)
DCIM0160.jpg 全国の鉄道好きな子供たちのメッカである梅小路機関区の隣、運転区と貨物駅を右手に見て電車は高槻へ。なんと、直線距離で50km近く離れている京都~新大阪間で、新快速の停車駅は「高槻」ただ一つ!新幹線一駅分を在来線2駅というのは、東海道線に於ける東京~品川間にもありますが、この距離を考えると、JR西のやることは凄いですね(汗)
DCIM0163.jpg そして大阪駅へ。予定ではここで下車するはずだったんですが…、気が変わってそのまま先へ。
 そして兵庫県に入り、ホテルのある三宮へ。200kmを冒頭的な速さで運んでくれた223ともここでお別れ。最後は神戸支社でした。DCIM0164.jpgここまで経由してきた駅数を数えると、なんと158駅もありました(橋本~三宮)これでも5時前には余裕で到着してます。ただ、連日教習やらバイトやら部活やらで身体を酷使していたため、左足の裏がおかしなことになっていることは、薄々感じてました。まぁこの段階では気付かないふりしてましたが。
DCIM0165.jpg やっぱり、後半の新快速のありがたみは凄まじいものがありますね!東京近郊の複々線区間も、このくらいやってほしいです。

駅数の詳細を書いておきます。但し、それぞれの末端駅は重複しています。
相模線:18
東海道線(東):12
東海道本線(東海):83
東海道本線(西):48

 最後に、三宮駅の北側、山陽新幹線の新神戸駅からロープーウェイで上がった所にあるハーブ園からの眺望を載せて、1日目の記録を閉じます。
 ちょっとバイトの時間が差し迫ってきたので、2日目はあとで!
CIMG1819.jpg
スポンサーサイト

| その他 | 19:39 | comments:1 | trackbacks:6 | TOP↑

COMMENT

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2013/12/19 21:57 | |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://amatibasson.blog.fc2.com/tb.php/118-4f8e85ad

TRACKBACK

シャネル財布人気ランキング

バーゲン書き込みアップ、 M レギュラー 1のお客様¡ | S サイトまで維持優れた動作、とそれはだ 長い長い時間のための定期的な訪問になるだろう。

| シャネル財布人気ランキング | 2013/11/19 22:39 |

ニューバランス

こんにちはそこに、 あなたが持っている仕事幻想的な信じられないほどの偉大なを行う。 私は意志 間違いなく確かにDiggそれと個人的に|私の友人にお勧めが示唆 。 私はね 確認 彼らが意志この恩恵を受けたことがサイト 。

| ニューバランス | 2013/11/11 11:28 |

ニューバランス 996

賢明な批評のために| おかげであなたに感謝し 。ミーと私の隣人は、だけで行うために準備をし、いくつかの 少した|この上に関する研究。我々は我々のグラブローカルから本持ってライブラリをが、私はより明確学んだと思います、このポストから。 私はよな素晴らしいを参照することは非常に喜んで|自由にそこに共有されている詳細情報を 。

| ニューバランス 996 | 2013/11/09 16:44 |

クロムハーツ リング

あなたは、 完了 少数 素敵細かい点が。私が上で検索しました主題 、見つかっ 人 同意すると一緒に行く。

| クロムハーツ リング | 2013/10/31 16:31 |

クロムハーツ 通販

あなたでし 確かあなたの参照熱意をあなたが書く| | 仕事絵画 内で。 世界 | あなたのような さらに多くの希望のありません | 、彼らは信じてどのようにと言って言及するを恐れる。 必ず |あなたの心をフォローした後に行く 。

| クロムハーツ 通販 | 2013/10/24 13:31 |

グッチ 財布

ちょっと大阪行ってきました。(1日目) 気ままな小窓でsimutrans

| グッチ 財布 | 2013/10/19 17:51 |

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。