気ままな小窓でsimutrans

simutransが主ですが、二次創作小説(マンガ家さんとアシスタントさんと)もあります。創作活動の活力源は、何気ない皆様の言葉そのものです。だから、コメント残してくれると嬉しいなって。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

マンアシSS「北の大地へ~中編~」その2

いや~。
高級フランス料理とか、一度でいいから食べてみたいけど、おいしさが分かるほどの舌を持っているか不安・・・。

自分だったら、和食にするか、無難に駅弁でも買ってしまうと思います。


今回も規制的な何かがあります。
R16くらいです。おそらく。




「な…なんかすごいね、フランス料理って…。」

「そうですね…どうやって食べれば良いのか迷います…。」

「これって食べて大丈夫!?きれいすぎてもったいないよ!」

「と、とにかく、コース料理だから出てきたものから順に食べよう!」

「こら沙穂乃、あんまりガツガツ食べないの!」

「だって、この蟹のサラダありえないくらいおいしいよ!あ、お姉ちゃんはダイエットしてるから食べないの?だったら…」

「返しなさい!…今回はダイエット中止よ。」

「足須さん、今すごくお姉さんっぽいよ!」

「隙ありっ」

「ああ!僕のホタテ…。しょぼ~ん…。」

「かわりにアスパラガスあげるから!はい、アーン…」

「アーン……。…うん!女の子のアーンは最強だねっ。」

「嫌いなものを押し付けているのでは…?」

「ギクッ…さ…さぁ!次の料理がきたよっ!?」

「都合の良い…」

「今どのあたりだろうね~?」

「さあ、もう関東は出たんじゃないですか?」

「明日は朝日見れるかな?」

「早起きすればね。だから今日は早く寝なさい。」

「ふふっ。そんなこと言って~、夜は二人きりでいちゃいちゃするつもりなんでしょ!」

「そうなの足須さん!!?きょ、今日は念入りに体洗わないと…」

「天地がひっくり返ってもあり得ませんので。」

「つまんないの~。じゃあ今夜はみんなで徹夜で遊ぼっ!?」

「明日眠くて楽しめなくても知らないわよ?」

「へーきへーき。」

「ふふふふふ…こんなこともあろうかと、ボードゲームいろいろと持ってきたんだ!!」

「さすがお兄ちゃん!遊びのプロだ。」

「ですから、その計画性を仕事に…」

「それは違うよ足須さん!マンガは常に自分の感性で描かなければならない…だから計画なんて立てて自由な発想が出なくなったら…」

「まず先生は、その“自由な発想”をパンツ以外に向けるべきです。」

「そんな…僕から命を取ろうと言うの…?」

「お姉ちゃんヒドイ!」

「これが普通です。先生は変態すぎるんです。」

「うぅ…でも……そんな足須さんの突き刺すような視線や言葉が、たまらない……。」

「もぉっ。お兄ちゃんったらっ。」

「えへへ~。」

「………。」



…この現状、圧倒的に私が不利…






「は~、おいしかったね~。」

「うん!お姉ちゃんがあんなに一心不乱にお肉食べるの、初めて見たよ。」

「し…仕方ないでしょ!!」

「ほおばったときの無邪気な足須さんの笑顔…すごく萌え~。」

「.........。」

「今夜は長いよっ?先にシャワー浴びちゃお!?」

「誰から入る~?」

「使えるのは18分だけですか…。私は時間かかりそうなので、先生からでいいですよ。ただし5分以内で。」

「じゃぁ私も一緒に入る!(もちろん水着で。)」

「ちょ…」

「だって時間は限られてるんでしょ?だったら二人いっぺんに入ったほうが効率的じゃん。」

「僕は大歓迎だよ!?」

「…まぁ、前回(※単行本7巻101話参照)も変なことはしなかったようですし…じゃあ、二人で8分以内で。」

「僕、一階で脱いで先に待ってるから!」

「一緒に着替えても良いんだよ!?」

「ほ…ホント!!?」

「それは私が許しません。」

「で…ですよね~…」




「…沙穂乃ちゃーん!準備できたよ~!」

「はーい!…あ、お姉ちゃんも入っちゃう?」

「なわけないでしょ!」

「せっかく実家から持ってきてあげたのに…」

「ちょ!どうして私のスク水が…!?」

「さすがに全裸じゃ恥ずかしいでしょ?」

「まず混浴しないから。」

「やっぱり胸に自信がn「早く着替えてとっとと入ってきなさい。」ゴゴゴゴゴゴ…

「わ…わかったからっ、睨まないで!?」





…はぁ、やっと一人になれた…。

カチャ

『お兄ちゃん!待たせてごめんね?寒くなかった?』

『沙穂乃ちゃんの水着姿想像してたから、すごくHOTだよ!』

『えへへっ、どお?実際は。』

『想像以上だよ!…あれ?水着のサイズ変えた?』

『変えて無いよ?どうして?』

『む…胸の辺りが…窮屈そうで…。』

...……!?

『そ…そうかなっ?毎日牛乳飲んでるおかげかな...。』

『発育盛んな幼女おっぱい萌え~!!』

そ…そういえば、沙穂乃の下着…サイズが……

『うふふ!お兄ちゃんのエッチ!』

『えへ~。』

こ…、このままでは…!

『お姉ちゃんくらいの大きさはちょっとね…』

まずい…

『でも僕は、足須さんのバランスの良いおっぱいも好きだよ!?』

…フォローされてる気がしない…

『でも、本人は悩んでるっぽいよ?揉んであげればいいのに。』

『事故では何度かあったけど…いつもは揉むどころか、触らせてすらくれないよ~。』

あたりまえです。

『それじゃあ私の揉む?』

は!?

『えっいいの!?』

『お兄ちゃんになら…』

さ…沙穂乃…いくらなんでも、

『あ、でもやっぱり初揉みはお姉ちゃんじゃないとね!』

『…うぅぅ残念…でも沙穂乃ちゃんはやっぱり、お姉ちゃん想いの優しい娘だね!』

『手のかかる姉だからね~。』

こっちのセリフよ!

『じゃあ、そろそろシャンプーしよっか。』

シャー


…それにしても、いろいろとマズい...。
このまま、中学生の沙穂乃に抜かれたら…女としてのプライドが…
かといって、他人に揉まれるのもアレだし…、……ましてや先生は論外…なはず……
…あ、そういえば、みはりさんが試したっていうバストアップマシン、みはりさんは効果なかったって言ってたけど、貸してもらえるかな?
誰かからの貰い物らしいし、それなりに期待はできるかも…
……て、いけないいけない…また頭が暴走するところだった。
私もそろそろ準備を…

『…おにいちゃんの…すごく、硬いよ…』←愛徒が持ってきた体洗い用スポンジが

……!?

『ご、ごめん…でも、僕我慢できなくて…』←いつも使ってるやつじゃないと

…い…一体、なにを…

『ひゃん!…ら…乱暴に…しないで?』←少し強く擦ってしまった。

……沙穂乃!?

『わ…わかった、ごめん!……優しくするから、力抜いて…。』←肩が上がって、首周りが洗えないから

『は…初めてなの…』←いつもは手ぬぐいで

『大丈夫だよ。最初は痛いかも知れないけど、だんだん気持ちよくなるはずだから…。』←使い慣れると病み付きになります(作者)

そ…そんな!沙穂乃は…まだ…中学生なのに…...!

『あ…熱い…。ナカ…すごく熱くなってるよ』←寝台車のシャワーの温度は変わりやすい、故に狭い室内に熱気が篭もる

ダメ…!…と、止めなきゃ...なのに……

『すっすごく狭いよ!』←ただでさえ狭い室内をシャワーカーテンで更に仕切っているため、シャワーを扱うのが難しい

あ…あんな中に、割って入るなんて……

『だ…だめ……くる…きちゃう…!』←約束した時間の8分が

『僕…、もう限界っ……出るよ…!!』←熱い湯気が上の方に溜まって、愛徒の顔がゆでだこ状態に。早く外の空気を吸いたい

そ…そんなの…

『だ…出さないでー!!!』←シャワーカーテンを開けるとき、お湯をトイレ部分にまで出してほしくないから

『む、無理…止められないよー!!』←シャワーのノブが、予想以上に渋い

「そんなのダメーー!!!!!!」バンッ

「わっ!!足須さん危ない!シャワーがっ」

「へっ?」

ビシャーーーーーーーー!!



「…お姉ちゃん…どうしたの…?」

「な…なんで...?なにがどうなって…」ポタポタ

「あ…足須…さん…、その……びしょぬれで…服が…」

「は…はわゎ......。え…えと…その……、…しっ失礼しましたっ!!!!!」バンッ

「……ほんとにどうしたんだろ?足須さん…。」

「う~ん………!…...多分、お姉ちゃんも女の子だったってことだよ。」

「?」






-------------------------------------------------------------------------------------------------------




なんか大変なことになってますが、どうやら足須さんの勘違いだったようです。

大方予想はついてるでしょうが、疑問な方は文章をドラッグするといいでしょう。
スポンサーサイト

| 「北の大地へ」 | 18:45 | comments:0 | trackbacks:6 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://amatibasson.blog.fc2.com/tb.php/25-ba12c973

TRACKBACK

シャネル アウトレット

うわー、 素晴らしいブログのレイアウト。あなたはどのくらいのためにブログをされている?ブログは簡単に見える|あなたはメード作るは。あなたの全体的な外観サイトウェブサイトです偉大 |コンテンツを、 同様おろか 。

| シャネル アウトレット | 2013/11/20 05:34 |

ニューバランス

私は本当に 本当にこの記事を感謝しています。 私が持っている |このため世界中どこでも探して。私はビングにそれを見つけた良さをありがとうございます。 あなたがた私の一日行わ。 THX 再び

| ニューバランス | 2013/11/11 18:32 |

ニューバランス 996

賢明な批評のために| おかげであなたに感謝し 。ミー & 私の隣人は、だけで行うために準備をし、いくつかの 少した|この上に関する研究。我々は我々のグラブエリアから本持ってライブラリをが、私はもっと学んだと思います、このポストから。 私はよな素晴らしいを参照することは非常に喜んで|自由にそこに共有されている詳細情報を 。

| ニューバランス 996 | 2013/11/10 00:39 |

クロムハーツ メガネ

I意志 すぐに スナッチあなたの RSSフィード Iとしてすることができません 見つける購読リンクまたは Eニュースサービス} {あなたの電子メールを見つけるために。かあなたがたいずれかを? ください 許す私認識 |私はだけあり ためにそのように購読。ありがとうございます。

| クロムハーツ メガネ | 2013/10/31 23:14 |

クロムハーツ 通販

私がしたい 声私優しい善良 {ために|あなたの寛大さに対する敬意への支援を与える|サポート} 人々その {女性|実際に必要|必要性を持っている|が必要| |が本当に欲しい| |を本当に必要とされている必要があり必要|べき持っているの支援|この中のヘルプ} 店頭 。 {あなたの個人的な|あなたの本当の|あなたの特別な|あなたの非常に自身のへのコミットメント|献身へ} パッシング万能| |す...

| クロムハーツ 通販 | 2013/10/24 22:18 |

クロムハーツ 財布

マンアシSS「北の大地へ~中編~」その2 気ままな小窓でsimutrans

| クロムハーツ 財布 | 2013/10/23 19:57 |

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。