気ままな小窓でsimutrans

simutransが主ですが、二次創作小説(マンガ家さんとアシスタントさんと)もあります。創作活動の活力源は、何気ない皆様の言葉そのものです。だから、コメント残してくれると嬉しいなって。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

マンアシSS「GIRLS TALK」前編

短編です。全2話で展開も早目かも。
あぁ、かしましくも麗しい・・・。

私の妄想見たい人は読み進めれば良いんじゃないかな?









「せんせっ。次は何すれば良いですか?」

「あ、りんなちゃんもう終わったの?随分早くなってきたね~!」

「大好きな先生のアシスタントとして、精一杯頑張ってるだけですよ!」

「えへ~。ありがとりんなちゃ~ん!」

「あの…二人とも仕事に…」

「あ、そうだった~。じゃありんなちゃん、ここの背景の影トーンお願い。」

「りょーかいです!」

「おい愛徒、私も終わったから次の用意しろ!」

「あ、はいは~い!せなちゃんはここの大きいほうのコマのペン入れよろしく~。」

「ああ、任せとけ。」

「先生、私も…」

「足須さんには…3ページから5ページまでのパンツのトーン頼もうかな!」

「はい、分かりました。(仕事なので)」

「うにゃ?[ブラニャーも手伝うにゃ?]」

「あれ?ブラニャーも原稿あったよね?」

「にゃ。[2か月分描き貯めしてあるからダイジョブにゃ。]」

「どこかのバカに聞かせてやりたい言葉だな。」

「うぐ…、じゃっじゃあブラニャーは、6ページと8ページの消しゴム頼むねっ。」

「ぶにゃっ![OKにゃ!]」

ガチャッ

「お、おじゃまします…」

「あっ、みはりちゃん!…うわ、ずぶ濡れ…雨ひどいの?」

「どんどん酷くなってるわ…。それより、原稿は?」

「音砂さん、今回は心配しなくても大丈夫ですよ♪はい、タオルです!」

「あ、ありがと。へえ~、そうなの?」

「うんっ!今月はアシスタントの皆が沢山来てくれたから、凄く捗ったんだ~!」

「わ、私は別にただスケジュールに余裕があったから暇だしついでで…」

「うふふ~せなさんかわい~。」

「よ…よせっ風和!私はぁあ愛徒の為とかじゃなくてだからその」

「もう、せなさんったら~。」

「え…えーと…あ、足須さんは?自分の原稿は進んでるの?」

「え、えぇまぁ大体は…。」

「(自分の方は進んでないのかしら…)い、いつでも持ってきてね!」

「は、はい…。」

「で、愛徒、結局あとどのくらいかかるの?」

「う~ん、5時間くらいかな~」

「締め切り三日前に終わるなんて、雪でも降るのかしら。」

「ぼ、僕だって本気を出せばこれくらいできるんだよ!」

「それが毎月続くと良いんだけどね。」

「…スミマセン。」





「あと1ページ…あと1ページで、終わる…っ!」

「せんせっファイトです!」

「でも、先生はどうして今回こんなにも早く仕上げられたんでしょうか?」

「いつもよりも愛徒のとこに来たっつっても、2~3回多いくらいだろ?そんなんでこんなになるか?」

「ムフフ!実は今夜、まじモモSのイベントがあるんだ~!!だから、仕事終わらせて思いっきり楽しもうって

思って!」

「先生頭良いです~!」

「イベント…へえ~それはよかったですね。」

「はぁ、まぁアンタがやる気出す理由なんて大したこと無いとは思ってたけど、やっぱりね。」

「ま、ちゃんと私たちの金払ってくれりゃ文句無いけどな。」

「もちろん~、あ、今日で終わりそうだし、ちょっと早いけど今月分渡しちゃうねっ。」

「えっ、良いんですか?先生の収入まだ今月分入ってないんじゃ…」

「うん…まぁそうだけど、それは僕が2,3日節約生活すれば済むことだし。」

「ホ…ホントに良いのかよ。」

「今回は皆に沢山頑張ってもらったし、って…もしかしてせなちゃん、心配してくれたの!?」

「バッバカ!んな訳あるかよっ!おぉぉおオマエが無理して倒れたらこっちが迷惑するからにき決まってんだろ

!?」

「ありがと~せなちゃん!」

「だーもう!さっさと仕事終えちまえ!」


「ふぅ~、まっ、私も3日間面倒見る必要が無くなって安心だわ。」

「音砂さんは仕事残ってるんですか?」

「今回は他の作家さんも早めに上げてくれたからね。今日はこれを入稿すれば終わり!明日,明後日も編集部で

仕事するだけよ。」

「うーんっ!終わったー!!」

「よし!じゃあチェックするわね。」

「じゃあはい!さっき言ったとおり、今月分のお給料っ。」

「助かります。」

「まぁ、愛徒の人気じゃ、これで満足するしかねえか。」

「ありがとうございます先生!」

「チェック完了、いいわよ。」

「OK~。あっ僕ももう出なきゃ!雨で電車遅れるかも知れないし!」

「はいはい。」

「あ、ブラニャーにエサ上げるのお願いしてって良い?鍵は郵便受けに入れといてくれれば良いから。」

「まあ今回はアンタも頑張ったしね、分かったわ。」

「ありがとっ、いってきまーす!」

ダッダッダッダッ…

「さてと、ブラニャーの食事は…」

「音砂さん、台所の右から2番目の扉開けて真ん中の棚です。右上の缶詰から使ってます。」

「ありがと足須さん。」

「!じゃあ私お茶淹れますね~♪」

「あ、あの私は…」

「もしかして音砂さんすぐ出ちゃいます?」

「あいやそうじゃないんだけど…この中で一番元気なの私なのに悪いっていうか…」

「もうっそんなこと気にしないで下さいよ~。それにお茶酌みは私の楽しみなんですよ!」

「それじゃあ私、部屋片付けますね。」

「わ、私も手伝う!」




コトンッ

「はあ~仕事の後の一杯はサイコーだぜ。」

「そういえば足須さんも風羽さんも、結局連休中毎日アシ来てたの?」

「もちろんです~!」

「他に重要な用事もありませんでしたから。」

「でも…、遊びに誘われたりとかは?」

「私は先生一筋ですって言ってあるので、お友達も仕事のスケジュール気にしてくれてるんですよ♪」

「どうせ締め切り間近で暇なんて無いだろうと思って、空けておいたんです。」

「お前らも大変なんだな…。」

「せなさんこそすごいです!他の仕事場いくつも掛け持ちできるなんて、私じゃ無理ですよ~!」

「黒井さんにはホントにお世話になってます。」

「ま…まぁこれくらいどうってことねえよ!」

「ところで、足須さんは次いつ頃持ち込みに来れるかしら。」

「えっと…恐らく来週…いゃ再来週くらいには…」

「もしかしてアイディアが出なくて煮詰まってるとか?」

「それ以前に…ちょっとペンが進まなくて…」

「足須さん今悩みがあるんですか?」

「いえ…別に大したことでは…」

「足須!お前がそんなんだと仕事にも響くぞ!聞いてやっから、話しちまえよ。」

「あ、もちろん愛徒には話さないから。編集者としても、新人の悩みを聞くのは仕事の一つよ。」

「じ…実は…」

「「「実は…?」」」

「せ…生活費が…その、す…少し不足気味…というか…」

「そ…そうなんだ…。」

「アパートの家賃が先月から値上がりしまして…」

「ど、どれくらい?」

「1万2千円ほど…それに仕送りも減ってきてしまって…」

「も、もしよかったら、さっき貰った給料…」

「だっだめです!そういうのは絶対…」

「…愛徒に話してみたら?あいつなら給料くらい…」

「そう思ってたんですが…。ただでさえ普通より多めに貰ってるのに、これ以上要求するのは流石にと…。」

「まあ、アイツが沢山売れるようになれば良いだけの話なんだがな…。」

「私も早くデビューして、きちんと収入が入るようになれば良いんですけど、なかなか…。」

「(確かに…今までの作品からして、すぐにデビューは難しいかな…)」

「「「「う~ん…」」」」




目次|後編
スポンサーサイト

| 「GIRLS TALK」 | 16:35 | comments:0 | trackbacks:5 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://amatibasson.blog.fc2.com/tb.php/83-99e7b38e

TRACKBACK

シャネル 長財布

私はね 本当にあなたのライティングスキルもと感心あなたの上のレイアウトとブログ 。これは有料のテーマである、または修正やったそれを自分で? いずれにせよついていく素敵品質の書き込みが、 それは |このようなブログ偉大な素敵見て珍しいこれらの日 ..を

| シャネル 長財布 | 2013/11/20 00:48 |

new balance

あなたは 実際 ちょうどウェブマスター。 ウェブ ペースです信じられない 。 これは、と思われるはあなたがいる トリックいずれかを行うこと。 また、 、内容は。 あなたが持っている 行って A 素晴らしい プロセス この上 件名 。

| new balance | 2013/11/11 13:15 |

ニューバランス 574

私がしている examinating 出多く と私が主張することができるあなたのかなり良いもの。私は意志きっと サイトブログあなたをブックマーク。

| ニューバランス 574 | 2013/11/09 19:04 |

クロムハーツ ピアス

やあ非常に素敵 ウェブサイト .. マン .. 美しい .. ワンダフル ..

| クロムハーツ ピアス | 2013/10/31 18:17 |

chrome hearts

私もです | {うへの書き込みにコメント |知っている| |あなたは の点に注意して作ることを理解} 何良い|顕著|素晴らしい|素晴らしい|便利|素晴らしい} 出会い 私の友人の 娘 あっを経を使用して訪問し ウェブページ 。彼女は実現 多くの 作品 、 言及しない それは何 | 素晴らしい { 所有するを持っているのようにコーチング|提供|支援|教育} 心臓からメイク 男性と女性 非常に簡...

| chrome hearts | 2013/10/24 15:49 |

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。