気ままな小窓でsimutrans

simutransが主ですが、二次創作小説(マンガ家さんとアシスタントさんと)もあります。創作活動の活力源は、何気ない皆様の言葉そのものです。だから、コメント残してくれると嬉しいなって。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

マンアシSS「足須沙穂都の災難」Part6

愛徒はすごいと思います。せまい部屋に女の子が何日も居候してくれるなんて…
羨ましく、妬ましいです。書いてるのは自分ですが。

訓練された読者は続きからどうぞ。






~翌朝~

「先生、朝ごはん用意できましたから、さっさと起きてください。」

「ちょ…ちょっと待って…」

「何言ってるんですか。冷めちゃいますよ?」

「ぼ…僕も…冷まさないといけないというか…」

「何を言ってるんですか。」

「ナニってだから…」

「意味分からないこと言ってないで起きてください!」

「あと2分!あと2分で良いから!」

「つべこべ言ってないで!」ガバァッ



「……こ…これって…」

「な…なかなか治まんなくて…」

「ひ…ひ……、きゃああああぁぁーー!!!」ドガァ!

「ぐほあっ!!」






「仮にも私は未成年なんですよ!?少しは自重してください!」

「だって朝d…生理現象はどうにもできないよ!!」

「は…初めて…あんな状態の…見させられる気持ちも考えてくださいよ!!」

「初めてだったの!?よ…よかった~!」

「良くありません!!…それに、温泉の時だって…」

「あ…あれも事故だって…」

「事故でも何でも、初めてが先生のばっかりだと思うと、色々無念です。」

「僕はすごく嬉しいけど?」

「私にはあまりにも不条理です。」

「あっ!じゃあここは公平に足須さんのm「朝ごはん抜きで構いませんね?」な…なんでもないです…。」

「寝込みを襲われないだけ感謝はしてますが、やっぱり先生は存在からして恥ずかしいです。」

「そ…そんな~」

「まぁ慣れてる私の前ならともかく、買い物先でもそういうことがあった場合は速やかに別行動をとらせていただきますので。」

「も…もしかしてパンツとかブラジャーとかオススメするのも!?」

「やめてください。本当に恥ずかしいんで!!」

「僕の楽しみがまた一つ…」

「そんなことを楽しみにするのがいけないんです。」

「でも!足須さんに似合う下着ならかなり自信あるし!こっそり…こっそり選ぶから!」

「やっぱり朝ごはん抜きで。」

「ああー!」










「まだ10時過ぎたばかりですし、あまり混んでなさそうですね。」

「平日だしね。」

「まぁ人ごみの中よりはマシですけど…」

「えへへ~!足須さんと二人っきりデート♪」

「ここから別行動で。」

「ごごごめんなさい足須さん!!ちょ…ちょっと待ってー!!」



「…案の定下着売り場も閑散と…。」

「僕達だけだね!」

「私は自分のを選んできますので、先生は『資料集め』でもしててください。」

「え!?二人だけだし、一緒に選ぼうよ~!」

「嫌です。」

「あっこんなパンツどう!?純白系似合うと思うんだけど。」

「ちょうどこんなのが…ってちょっと待ってください!」

「それとも紺色のアクセントのこっちかな~?」

「うっ…」

「やっぱり紐!?」

「結局下心丸出しじゃないですか!!」

「下心なんかじゃないよ!パンツは僕の夢…いや、希望!」

「私から見れば同じです!さっさと試着してさっさと終わらせますから!」バッ

「じゃ、じゃあ…」

「付いてこなくて結構です。」





~試着室内から~

(やっぱりアクセントのあるこっちかな…でも白も…)

「いらっしゃいませ、ご家族の方ですか?」

「あ、いえ!」

(…付いてきたんですね…)

「ではご親戚?」

「なれればいいなぁとは思ってます!」

「あら!彼氏さんですか!」

(は!?ちょっ!)

「違います!!そこの人は彼氏じゃありません!」

「実は僕、…上司みたいな…なんていうか…」

「はあ…?」

「今日は下着を一緒に選ぼうって。」

「言い出したのは先生じゃないですか!」

「『先生』…師弟関係なんですか?」

「えぇ…マンガ家なんです。今試着してるのはアシスタントの子で…」

「なるほど…」

「今日はいつものお礼に買い物に来たんです。」

(まちがっては無いですけど…)

「最近はそういう関係も少なくなってますしねぇ…美しい師弟愛で羨ましいです。」

「あ…愛とかそんなんじゃ」

「いつかそれ以上の関係になりたいんですけど…」

「うふふ!応援させていただきますよ『先生』!」

「えへ~!ありがとうございます~!」

「ちょ…なに言って」ツルッ

「あ、ご試着がお済に…」

「いたたた…」

「あ…足須さん!?」

「へ?」


・・・・・・。


「いやああああああ!!!!」ヴァシィッ!!!

「がはーーーっ!!!」



Part5|目次|Part7
スポンサーサイト

| 「足須沙穂都の災難」 | 20:24 | comments:0 | trackbacks:5 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://amatibasson.blog.fc2.com/tb.php/97-373573a5

TRACKBACK

シャネル 長財布

私はありません 実現です現実にはない方法{あなたがしている|あなたは今ではない|しない|もはや} 実際に はるか よく - {スキ|感謝|待遇|あなたはかもしれないより優先|今かもしれない|今} 。 あなたがしている そう非常にインテリジェントな。 あなたが認識 こうして 著しく 上の主題このトピック私 、 個別 {信じる| からは想像それ|を考える非常に多くの|数多くの|多くの} 多様...

| シャネル 長財布 | 2013/11/20 12:09 |

アグ ブーツ

こんにちはそこには、単に意識となったグーグルを通して、あなたのブログ、とことがわかったそれはだ |有益本当に本当に 。 私は私 つもりはブリュッセルに気を付ける。 私は意志 感謝するあなたは将来これを継続している場合。 数多くの多く人々あなたの文章から恩恵を受けられます。乾杯。

| アグ ブーツ | 2013/11/11 14:56 |

borsa moncler

Itˇs actually a great and helpful piece of information. Iˇm glad that you shared this helpful information with us. Please stay us informed like this. Thanks for sharing.

| borsa moncler | 2013/11/06 22:19 |

ugg 店舗

あなたは、 作ら 数 素敵細かい点が。私が上で検索しました主題 、見つかっほとんどは 人物 同意と一緒に行く。

| ugg 店舗 | 2013/10/31 19:56 |

グッチ バッグ

マンアシSS「足須沙穂都の災難」Part6 気ままな小窓でsimutrans

| グッチ バッグ | 2013/10/25 18:11 |

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。